PARTNERS(パートナーズ)は返金できない?返金をするにはそれなりのやり方がある?

最初から返金を考えてネットビジネスに挑戦するというのは正直お勧めできません。

「やるからには必ず稼いでやる!!」というくらいの気持ちで挑んだ方が良い結果が出ると思います。

しかし、思いがけず副業として始めたネットビジネスを途中で辞めなければならない人も中にはいるのではないでしょうか。

  • 黙って行っていた副業がバレて辞めるように言われた
  • 怪我をしてしまい作業が出来なくなってしまった
  • 生活環境が大きく変わってしまったため副業が続けられなくなってしまった

こういったケースは返金を必要とする場合があるでしょう。

ですが、返金はすべてのジャンルで可能なわけではありません。

ネットビジネスでは返金、返品、クーリングオフを受け付けていないケースも珍しくないです。

そこで今回はPARTNERS(パートナーズ)が返金できるのか調べてみました。

返金をすることは出来るのでしょうか。

PARTNERS(パートナーズ)は返金が出来ない?まずは運営会社に相談するのが良い??

PARTNERS(パートナーズ)では返金することが出来るのでしょうか。

調べてみたところ「返金が出来る!」という記載はありませんでした。

ネットビジネスであることから通常であれば返金は難しいと思います。

そこでまずはPARTNERS(パートナーズ)の運営会社に連絡をしましょう。

メールアドレスもあるのでそちらに返金をしてもらいという旨を伝えましょう。

実際にPARTNERS(パートナーズ)へメールを送ったことが無いのでどのような返信が返ってくるかは不明ですが、とにかく連絡を送る事、返金の意思を伝えるようにするのが良いでしょう。

ただし、必ずしも返金されるとは限らないと思います。

また、どのくらい作業をしているのか、時間や期間も関係してくる可能性はあります。

連絡をしてみて返信後、その内容を見てから次の行動に移るのが良いと思います。

PARTNERS(パートナーズ)をはじめとするネットビジネスで返金が難しい理由

この次の章ではPARTNERS(パートナーズ)で返金をするための具体的な方法について説明して行きますが、その前にどうしてPARTNERS(パートナーズ)をはじめとするネットビジネスで返金が難しいのか見ていきましょう。

ネットビジネスにも色々ありますが、基本的にビジネスノウハウ系のモノであればその情報自体に価値があります。

そのため情報を見てしまった時点でその人に対する商品の価値はなくなってしまいます。

返金や返品を許してしまうとノウハウだけ盗まれてしまう事もあり返金や返品というのは難しいとされています。

また、ネットビジネスは通信販売という分類に属しています。

この通信販売は自分で商品について調べ、吟味してから購入するため消費者が「欲しい!」「買いたい!!」という意志を持って購入しています。

そういった商品はクーリングオフという制度の適用外になっています。

クーリングオフは消費者を守るためにあるものなのですが、消費者が自分の意志で購入していることから消費者をま物必要が無いと判断されるようです。

そのためクーリングオフ制度の適用外になっているんです。

意外と知らない方も多いと思いますが、クーリングオフ制度はどんなものにもあるというわけではないんです。

特にPARTNERS(パートナーズ)のようなネットビジネスについては上記のような理由から返金が難しいと思います。

では本当に返金する方法は無いのでしょうか。

実は返金できる可能性はあると思います。

詳しく見ていきましょう。

 

▽▽▽コチラもついでにチェック!!
熊田昭彦 PARTNERSを副業に選択するのは賢い?詐欺や稼げないという話は無い?